全部自分で作りたい〜無添加日記〜

体に優しく、そして安全な食をゆるく追求。 経済的にも手間的にも「持続可能」な無添加生活を目指しています。 料理スキル低め、不器用、大雑把でも「手作り」を楽しんでいます。

DSCF8923


色味が綺麗じゃないけれど、あんかけ焼きそば作りました。

中華餡のレシピを見ると、大概「鶏がらスープ」が入っている。オイスターソースも。 
確かに、このトロみには鶏ガラ出汁が必須な気がする。


で、これを使用。
DSCF8917

塩麹で鶏ハムを作った時の茹で汁!もう、こればっかり。

 DSCF8918
炒めた肉野菜に投入。生にんにく、生姜をごま油で炒めた香りって最高ですよね。


調味料はこちら
DSCF8920

左から、ごま油・ナンプラー・オイスター・醤油
醤油とごま油は市販のもので、ナンプラーとオイスターは自家製。 

鶏ハム汁は十分な旨味を与えてくれましたが、プラス昆布を使ってもよかったかな。そして、トロミがもうちょっと欲しかった。(片栗粉の使い方がへたくそ)


ってことで、80点。



オイスターソースは作って後悔のないものでした。
ナンプラーは未だ匂いに慣れませんが、旨味は極上です。

因みにA社のオイスターソースの原材料はこちら
かきエキス、砂糖、しょうゆ、酵母エキス調味料、食塩、たん白加水分解物、かつお魚醤、水あめ、発酵調味料、デキストリン、酵母エキス、グチエキス調味料、植物油脂、酵母エキス発酵調味料、鶏油/調味料(アミノ酸等)、酒精、糊料(加工でん粉、キサンタン)、カラメル色素、香料、(一部に小麦・大豆・ゼラチンを含む)

Y社の化学調味料無添加オイスターソースの原材料はこちら
カキエキス、砂糖、食塩、醸造酢、酵母エキス、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)

我が家のオイスターソースの材料はこちら
牡蠣、醤油、味醂、昆布、ナンプラー、砂糖、塩


それにしても家族は中華麺が大好き。
でも、市販から脱せてない。

製麺を楽しんでいる人も増えているし、パスタマシーン等も簡単に手に入る時代。
ああ、早くやってみたい。

現在スーパーで買っている中華麺の原材料はこちら
めん〔小麦粉、醗酵調味液、食塩、卵白粉末、小麦たん白、植物油脂/かんすい、ソルビット、クチナシ色素、(一部に卵・小麦・大豆を含む)〕、打粉(加工でん粉)

これが手作りになると
強力粉薄力粉、塩、重曹、片栗粉
 

ああ、作ってみたい作ってみたい。 

DSCF8908


お茶漬けってどういうイメージですか?

私はもう小さい頃から「永谷園のお茶漬け

原材料はこちら

調味顆粒(食塩、砂糖、抹茶、昆布粉)(国内製造)、あられ、海苔/調味料(アミノ酸等)


で、敬愛する「白ごはん.com」様の鮭茶漬けの材料はこちら

塩鮭、お茶、薬味(三つ葉や生姜、焼き海苔等)


でも、お茶漬のイメージがもう既に「永谷園」なので、お茶だけじゃちょっと・・・
出汁が効いていないと・・・

って思っていました。


うん。

間違っていた!!



上の写真のお茶漬けは、緑茶をかけただけ。梅干しと塩昆布(両方自家製)
あと、このあと食べる時には三つ葉を乗せました。 

え・・・ダシっぽさってなくても美味しいんだ!!
びっくりしました。


いい気になって、お茶漬けを数日食べてみたのですが、よく分かりました。
緑茶のいれ方が上手くいくと、お茶漬けは茶をかけただけ+梅干しで十分美味い。
でも、塩気は好みで追加するといいかもしれない。うちの子供は多分好みじゃない。(そもそも緑茶を飲まないから食べたがらない)

入れすぎて渋い茶になったり、鰹節をプラスしてみたり、
そういうのは、イマイチ茶漬けでした。
簡単なので、色々試しています。


お試しあれ!!


自家製梅干しの作り方

自家製塩昆布の作り方
 


DSCF8897

小麦粉系料理の手作りは、私にとってはハードルが高い。

結構前にホットケーキミックスは卒業しました。
以前買っていたM社のホットケーキミックスの原材料はこちらです。

小麦粉、砂糖、ぶどう糖、植物油脂、小麦でん粉、粉末油脂、食塩/ベーキングパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa(乳由来)、着色料(ビタミンB2)

で、ホットケーキミックスを使わずに作るとこんな感じ。
小麦粉、砂糖、重曹、塩 
これに、卵と牛乳。

手作りだと、全部自分で材料を選べるのがいいですね。小麦粉も砂糖も。香りを付けたければバニラエッセンスを足しますが、ほぼ使いません。

ホットケーキミックスなしのホットケーキレシピは検索するとたくさん出てきます。酢を入れたり、マヨを入れたり。
でもまだ

これだーーーー!!!!!

っていうレシピには出会っていません。

出会ったら、ブログに載せようと思っています。

あ、酢のレシピは私はイマイチだと思っています。時間経過するとペシャっと。焼きたて限定でふわふわです。


生地をふわふわに焼く実験をしたことがあります。この時はまだ、ホットケーキミックスを使っていました。
古い記事ですが、よかったらどうぞ。
https://hokkori-meshi.com/cheese-dog-made-from-hm-revenge-2




DSCF8871

正月に大量に頂いた餅をおかきにしました。

おかきは好きだけど、餅を薄く切るのが大変。
だからちょっとさぼって、丸干ししてみた。
DSCF8865
1月2日〜空き部屋に放置。およそ1ヶ月。勝手に割れてました。

塊は、手で出来るだけ小さくしました。

餅を極力薄くスライスすることがコツだと思っていましたが、 がっちり乾いていることがサクッと揚げるポイントなのかしら。

きちんとカリッと揚がりました。(あ、座って揚げましたから!) 

大きい粒はガリっと。げんこつ〜〜!

DSCF8872

中に芯が残ったら不幸な気持ちになる・・・と思うといつも揚げ過ぎます。
見た目が黒いですが、草餅の色が元々濃かったのです。焦げた味はしなかった!


ついつい食べ過ぎて、翌日の夕方まで何となく胃が重たかった。。。 

 
過去記事見たら、乾燥が大切って書いてあった。忘れてる・・・